脂性肌・オイリー肌向けのクレンジングはどれがいい?

 

皮脂を落としすぎない

 

いくらかオイリー肌で、ベタベタいているからといって、必要以上に皮脂を落としすぎると、ますます脂性肌になります。

 

余計な添加物が含まれない

 

脂性肌・敏感肌・乾燥肌、どんな肌質だとしても、着色料、合成香料、鉱物油、エタノールなどの余計な添加物が含まれていないクレンジングがおすすめ。

 

※特に合成界面活性剤入りのクレンジングジェルなど

 

 

W洗顔不要!

 

  • メイク落としで1回(※油汚れ)
  • 洗顔で1回(※水性の汚れ)

 

とW洗顔は日本人だけ?の独特の文化のようです。

 

ですが、ハッキリいって面倒ですよね(汗)

 

そのため、W洗顔不要のものをおすすめします。

 

 

以上3つのポイントを中心におすすめのクレンジングをご紹介します!

 

 

脂性肌・オイリー肌!おすすめクレンジングランキング

 

マナラホットクレンジングゲル

 

ホットクレンジングゲル

 

  • 返金保証:45日間返金保証あり
  • 内容量:200g/2か月分

  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:4,104円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

【マナラ 公式サイト】
→https://www.manara.jp

 

マナラホットクレンジングゲルは
着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれない無添加のクレンジングジェルです。

 

返金保証付き&200g2か月分と容量が多いため、コスパもGOOD◎

 

 

デメリットは?

 

2本で送料無料。

 

1本で送料630円と、2本まとめて売りたい戦略のようです(汗)

 

 

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

 

  • 返金保証:14日以内金保証あり
  • 内容量:150g/2か月分
  • 初回限定:3,076円
  • 通常価格:5,696円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

※初めての方限定!今ならもう1本プレゼント中!

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは極小こんにゃくスクラブ配合!
毛穴のよごれをしっかり除去します。

 

また、着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれいません。

 

デメリットは?

 

通常価格がやや、お高め

 

 

【リ・ダーマラボ 公式サイト】
→http://re-dermalab.jp/

 

DUOザクレンジングバーム

 

 

  • 返金保証:20日以内
  • 内容量:90g(※1か月分)

  • 定期:1,800円
  • 通常:3,600円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

モンドセレクション6年連続受賞、売上個数250万個!突破のDUOザクレンジング

 

クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージケア、トリートメントの5つのケアを、これ一つでできるため、ラクチンです

 

 

デメリットは?

 

公式サイトではまつエクはNGとしています。

 

※ただ、まつエクの”色”によると思いますが・・・

 

 

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェル

 

 

  • 返金保証:10日以内
  • 内容量:200g(※60日分分)

  • 定期:2,980円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェルは
メイク落とし・洗顔・ホットーマッサージ・保湿ケア・毛穴ケアと1つで5つの機能と多機能です。

 

クレンジングの基礎!

 

洗顔する女性

 

オイルクレンジングのメリット・デメリット

 

オイルクレンジングの強みはメイク汚れを強力に落とせることです。例えばウォータープルーフですとなかなか落ちずに苦労することが多いところ、オイルクレンジングですとスピーディーに落とせますのでクレンジングの手間を軽減できます。
メイク汚れだけでなく酸化した皮脂やその他の汚れまでも落とせるのもメリットです。洗浄力が高めですのですっきりさせやすく、肌をリセットするためにも適しています。
使い心地が良いのも魅力でしょう。オイル特有の滑らかさがあり、肌の上を滑らせるようにして洗うことができます。正しく使用すれば無用な刺激も防止することができるため、肌に大敵な刺激対策にも良いと言えます。
一方でデメリットもありますが、注意したいのが洗浄力が強過ぎるところです。しっかりと洗えるのはメリットではあるものの、肌に必要な潤いまで落としてしまう恐れがあります。元々が乾燥肌ですと余計に症状が目立つこともありますので、使用後はしっかりと保湿を行うように心掛けなければいけません。
滑らかさのあるのがメリットですが、しかしそうした使い心地の良さもデメリットになり得ます。知らず知らずに指先にも力を入れて刺激になることもありますから、優しく洗うことを意識して使用することが大切です。

 

 

クレンジングクリームのメリット・デメリット

 

クレンジングクリームとは肌が弱い人のために作られたクレンジング剤のことです。このクレンジングクリームのメリットはなんといっても肌への刺激が弱いことにあります。刺激が弱いため、肌へのダメージも少なく、肌が弱い人であっても安心して使用することができます。また、クレンジングクリームは肌のマッサージに使用することもできます。クレンジングクリームには保湿作用があるため、クレンジングとマッサージを同時に行うことができます。

 

クレンジングクリームのデメリットはオイルタイプのクレンジング剤と比べて、メイクの落ちがあまり良くないということが挙げられます。なので、オイルタイプだと一度の洗顔で落とすことができるメイクもクレンジングクリームを使う場合には何度か洗顔をする必要があります。メイクだけでなく、日焼け止めなどを落とす際にも同じように何度か洗顔をしなければなりません。このように、メイクを落とす力が弱いというのがこのクレンジングクリームのデメリットになっています。

 

ふき取るタイプと洗い流すタイプの二つがありますが、洗い流すタイプのクレンジングの方がメイクを落とす力が強いため、メイクを落とすことをメインで考えている場合は洗い流すタイプを選ぶようにしましょう。